インプラントの機器

インプラントの位置について

最新機器ならインプラントも安全

非常に高度なスキルが必要とされるインプラント治療、細かい神経が入り乱れる歯茎を切開し、あごの骨に穴を開け、歯柱を埋め込むという外科手術も伴うので、未熟な医師に行われると、神経を傷付けてしまうといった問題も起こってしまいかねません。そういったことのないように、様々な研究会や研修に参加し、日々腕を磨いている勉強熱心で向上心の高いドクターも多いですが、加えて、埋入位置などを間違えないように誘導する、最新医療機器も開発されています。インプラントだけを専門に行う医療センターなどでは導入されていることが多いので、こういったクリニックで受ければより安心です。

埋入位置の決め方の進歩

以前のインプラント治療における埋入位置は、顎の骨の状態を確認してから決められていました。そのため、口の中を大きく切開する必要があり、それは患者に苦痛を与えるものでした。また、顎の骨を目視したからといってその内部のことまではわからず、歯科医の経験と勘で治療が行われていることもありました。今日では医療機器の進化により、口の中を大きく切開するのではなく、穴を開ける感じで手術を行うことが可能となっているのです。さらに、事前に顎の骨の内部までCT画像で把握することが可能になっているので、勘や経験でななくデータに基づいてインプラント治療を行うこともできるようになっているので安全なのです。

↑PAGE TOP